利益相反管理に関する当社方針について

当社は利益相反に関して、以下のような方針を定めています。

  • 1. 目的

    当社では利益相反について、当社のお客様の利益を不当に害することがないよう利益相反の恐れのある取引を適切に管理することを目的としています。

  • 2. 利益相反の管理対象範囲

    利益相反の管理対象は当社とします。

  • 3. 管理対象とする利益相反の類型

    当社が管理の対象とする「利益相反」の主要な類型は以下のとおりです。

    1.  1) 当社のお客様どうしが相反する可能性のある取引
    2.  2) お客様と当社の利益が相反する可能性がある取引
    3.  3) お客様と当社の取引のために、他のお客様の利益が不当に害される恐れがある場合
  • 4. 利益相反の管理方法

    当社では利益相反の管理方法について、以下に掲げる方法またはその組み合わせによって行います。

    1.  1) お客様の利益が害される可能性について開示する方法
    2.  2) 取引を中止する方法
    3.  3) 取引の条件や手法を変更する方法
    4.  4) 当社の社内部門間の情報隔壁や情報遮断を行なう方法
    5.  5) その他の方法
  • 5. 利益相反の管理体制

    当社では利益相反の管理部門としてコンプライアンス室を定め、その統括責任者としてコンプライアンス・オフィサーを定めています。さらにその態勢が適切に機能しているかどうかを内部監査室が定期的に監査することとしており、一元的な管理に努めていきます。